子ども生活専攻

保育士に必要な知識はもちろん、健康や心理などについても学べる本学ならではのユニークな授業を展開。

保育の現場経験がある教員による実践的な知識・スキルが身につく授業、 栄養士や養護教諭を育成し続けてきた本学ならではの「栄養」「食育」や「健康」に関する授業、愛知みずほ大学の教員による「健康科学」「心理学」の授業など本学の特徴を活かしたカリキュラムを展開します。

取得できる資格

所定科目の単位修得で取得可能 保育士、幼稚園教諭(二種)免許状
所定科目の単位修得で受験資格を取得可能 ピアヘルパー

豊岡短期大学通信教育部こども学科との教育提携により取得可能

授業内容(予定)

子どもの質問に答える理科

「空はなぜ青いの?」「お星様はなぜ落ちないの?」そんな質問にどう答えたらよいでしょう?この授業では、身近な化学・物理・生物・地学の不思議を、子どもたちに楽しく、わかりやすく、正確に教えられる知識を身につけます。各分野を究める教員が、理系科目が苦手な学生でも興味をもって取り組めるカリキュラムを展開します。
子どもの質問に答える理科
※写真はイメージです

子どもと健康

子どものこころと身体の発育・発達の特性を知り、健康な生活を送るために必要な生活習慣・健康管理などを学びます。さらに、子ども自身が健康で安全に生活できる力をつけられるよう、支援できる保育士を養成します。健康分野を得意とする本学のノウハウを活かした学びです。
子どもと健康

元気な子どもを育てる食事

食事は子どものこころと身体を育てる基本となるもの。保育士にとっても、「食育」は大切なテーマです。この授業では、子どもの発達段階に合わせた食事の仕方、調理方法、食物アレルギー児への対応などを、演習で体験しながら学びます。好き嫌いのない、元気な子どもを育成する保育士をめざします。
元気な子どもを育てる食事

保育士の自分ケア

例えば、職業病とも言える腰痛の予防法・対処法などについて、柔道整復師としての免許をもった教員から学びます。また、責任や多忙によるストレスなど、こころのケアについても、臨床心理士の教員が指導します。子どもを笑顔にするには、まず保育士が笑顔であることが大切。そんな思いを形にした授業です。
保育士の自分ケア
※写真はイメージです
愛知みずほ大学
資料請求 キャンパスライフ

学校法人瀬木学園

愛知みずほ大学短期大学部

〒467-0867
名古屋市瑞穂区
春敲町2-13
TEL (052) 882-1815 (代)
FAX (052) 882-5700
pagetop