食物栄養専攻

好きなひとを笑顔にできる。たくさんの人々を健康にできる。正しい食生活や栄養バランスは、どんな薬にも負けないと思う。

ただお腹を満たすことだけが、食事ではありません。
おいしさはもちろん、見た目の美しさや考え抜かれた栄養バランスが、食べる喜びを生み出し、健康な生活をつくっていくのです。
このコースでは、食を通してさまざまな人々の健康に貢献できる栄養士を育てます。
食品や栄養に関する専門的・科学的知識を身につけ、実践的に活かせる調理技術やカウンセリング力を磨いていきます。
さらに将来は、管理栄養士としても活躍できるように、食全般の学ぶ意欲も身につけていきます。
食べることは、生きること。そんなことを感じ、学ぶ2年間です。

2年間の学びのステップ

■1年次

食と健康に関する専門知識の基礎を学ぶ

短大生としての教養を身に付けると共に、食を通して人々の健康を守ることができるよう、食品や栄養に関する専門知識の基礎を学びます。

■2年次

充実した実習や実験、校外実習などで
実践力を身に付ける

実践力を身に付けるための実習や実験の授業が多くなります。給食管理実習では、学内実習で集団給食の基礎を学び、校外実習で病院・福祉施設など栄養士の現場を体験します。

取得できる資格

所定科目の単位修得で取得可能 栄養士、栄養教諭二種免許状、フードスペシャリスト
所定科目の単位修得で受験資格を取得可能 医事管理士、医療管理秘書士、医療情報事務士、介護保険事務士
取得サポート 管理栄養士、家庭料理技能検定、食生活アドバイザー

管理栄養士は、栄養士免許取得後、3年の実務経験により受験資格が得られます。

主な進路

病院、学校(栄養士・栄養教諭)、幼稚園・保育園、食品関連企業(食品メーカー、給食委託会社、企業の社員食堂など)
福祉・介護系施設など

授業内容(主要科目の特徴)

調理実習 Ⅰ

栄養的にも見た目にも満足される料理をめざして、
食品の組合せ方や調理の基礎を楽しみながら習得。

前期は日本料理、後期は中国料理です。新しい食品素材をとり入れ、組合せを工夫し、食品の持ち味も活かして、栄養的にも見た目にも満足される料理をつくる基礎知識・技術を習得。下ごしらえや切り方、「ゆでる」「煮る」「揚げる」などの調理法などをきめ細かく指導。材料の発注・分配なども学生が担当し、自主性も育てます。

調理実習 Ⅱ

西洋の伝統料理から、家庭料理、パーティ料理まで。
栄養バランスを考え、「食育」の視点も養う。

フランス・イタリア料理を中心に、伝統料理、家庭料理やパーティ料理などの専門知識と調理技術を身につけます。栄養バランスを配慮した献立作成、材料の仕入れ、調理、テーブルセッティング、会食、評価まで一連の流れを実習。高度な調理技術の習得はもちろん、「食育」の視点も大切にし、健康に配慮できる調理をめざします。

生化学実験

身近な食品の成分や栄養素を
実験を通して、目でみて、体感できるカリキュラム。

食品成分や栄養素の性質に関する実験、機器を使った分析などを行います。まずは安全に実験をするための基礎知識・基本操作を習得後、グループで共同実験を実施。たとえば、牛乳から「カゼイン」をとりだすなど、身近な食品の成分や栄養素を知ることができる興味深い内容です。実験の結果、その考察をレポートにまとめます。

食品官能評価・識別論

食に関わる幅広いフィールドで活躍できる
フードスペシャリストの資格取得にも役立つ授業。

食に関する高度な知識や技術を活かして、食品の生産・流通・消費などさまざまなフィールドで活躍している「フードスペシャリスト」。その資格取得に役立つスキルを習得できる授業です。食品の品質を見極める技術、化学・物理的評価法、個別食品の鑑別、食品表示の表記法、各種データの計算処理など幅広い専門知識を養います。

栄養指導論実習

栄養指導で必要となるカウンセリング技術と、
コミュニケーション力を身につける。

相手にいかに理解してもらい、自主的に食行動を変えてもらえるか。栄養指導をする上でとても大切なことです。この授業では、信頼関係をつくる話し方、わかりやすい情報提供、相手の意思を尊重して効果的に支援する方法など、「カウンセリング技術」を中心に実習を行います。実際に家族や友人などへの栄養指導も体験します。

食品学各論

この食品はどう作られ、どう利用するべきなのか、栄養士として、見極められる力を培っていく。

市場に氾濫する食品の中からどんな食品を選択し、どう利用するか。栄養士として、正しい判断をするためには、高度な専門知識が必要となります。この授業では、各食品の特性と利用法、加工・保蔵方法について理解を深めます。まずは身近な食品のラベル表示を見て、原材料や食品添加物などに興味をもつことから始めてください。

1週間の時間割モデル

Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday
1 食品衛生学 調理実習Ⅱ 人間関係論 体 育
2 運動生理学 経済学 日本国憲法 公衆栄養学
3 栄養指導論実習 臨床栄養学実習 食品学各論実験 公衆衛生学 栄養学各論
4
愛知みずほ大学
資料請求 キャンパスライフ

学校法人瀬木学園

愛知みずほ大学短期大学部

〒467-0867
名古屋市瑞穂区
春敲町2-13
TEL (052) 882-1815 (代)
FAX (052) 882-5700
pagetop