卒業生インタビュー

宮成佑枝さん(愛知たいよう幼稚園 勤務/平成28年3月卒業)

自信を持って、子どもたちを守っていきたい。

子ども生活専攻

幼稚園教諭

夢を叶えるために、みずほ短大を選びました。

高校の卒業を控え、これから自分が何をしたいのかを考えたとき、幼稚園の先生になりたいという小さい頃に抱いた夢を思い出しました。小学生の頃からピアノを続けていたことやスポーツが好きで体力に自信があったことも、私が幼稚園教諭に向いているかもしれないと思ったきっかけです。はじめは四年制大学への進学を考えていましたが、4年間より2年間のほうが勉強に集中して取り組めると思い、短大への進学を決めました。中でもみずほ短大は、面接の際にお会いした先生方の雰囲気がとても温かかったことが印象として残っていたので、数ある短大の中から、何の不安もなくみずほ短大を選ぶことができました。

先生からの一言が、今の私の自信になっています。

みずほ短大のカリキュラムは1つ1つ段階を踏むように組まれているので、幼稚園教諭という夢に向かって一歩ずつ成長することができたと思います。子どもの人形を使った演習では本番さながらに子どもへの接し方や心構えを教えてもらえるので、自信を持って実習に臨むことができました。また知識や技術だけでなく、心の面でも先生が勇気付けてくれたことが、今でも私の支えになっています。中でも一番印象に残っているのは、「宮成さんはみずほ短大に入って変わったね」という一言。先生にそう言ってもらえたことで、自分の成長を客観的に実感でき、幼稚園教諭への想いも強くなっていきました。

みずほ短大での思い出

オープンキャンパスに、実行委員として参加したときのことをよく覚えています。私はもともと社交的な性格ではなかったのですが、友人が高校生やその保護者の方々に向けて堂々と話をしている姿を見て、オープンキャンパスのお手伝いは自分を変えるチャンスになると思いました。今では子どもたちにはもちろん、保護者の方々にも落ち着いて話をすることができるため、あのときの経験が活きているのかなあと思っています。

濱田真緒さん(小山田小学校 勤務/平成27年3月卒業)

子どもたちの健康を守る仕事に、やりがいと誇りを感じています。

養護教諭コース

養護教諭

先生になることが、小さい頃からの夢でした。

小さい頃から漠然と学校の先生になることが夢でしたが、明確な目標となったのは中学生のときです。生徒会の副会長で経験した文化祭の運営がとても楽しく、「学校で働きたい」「自分の好きな理科の先生になりたい」と強く思うようになりました。しかし、大学受験の時期に母が病気になったことがきっかけで、養護教諭の仕事に興味を持つことに。新たな進路を考える中、母の母校であるみずほ短大を知り、母が通っていたことと、70年以上にも及ぶ歴史の深さが後押しとなって、みずほ短大の養護教諭コースへの進学を決めました。

授業で学んだことが、そのまま保健室で活かされています。

小学校の保健室で働きはじめてから、学校の授業で学んだ内容を思い出すことがとても多くなりました。中でも応急手当の授業は、日々子どもたちが擦り傷や体調不良などで保健室に足を運んでくるので、非常に役立っています。養護教諭としての仕事は、保健室の管理以外にも、保健日誌への記載や保健行事に関する提案文書の作成など、多岐にわたっていて大変です。それでも、子どもたちの身体や心の健康を守る仕事に誇りを感じますし、なにより子どもたちがとてもかわいいので毎日元気をもらっています。先生になるという夢を実現することができて、みずほ短大に通って良かったと心から思います。

みずほ短大での思い出

養護教諭になりたいという思いは絶えずありましたが、同時に、教職のみに絞ることに対しての危機感もありました。そのため、教員採用試験への準備と並行して就職活動を行うことに決めました。当初は不安もありましたが、キャリア指導室の先生をはじめ、短大全体が学生一人一人の進路に親身になってくれる校風であったため、精神的にも非常に助けてもらえたことをよく覚えています。

食物栄養専攻の卒業生

■ 栄養士

エームサービスジャパン株式会社 勤務/平成28年3月卒業 河合晴香さん

自分を試せる機会も多く、やりがいがありました。

少人数制で、先生との距離も近く、わからないところがあればすぐに聞けるので、不安なく短大生活を送ることができました。
実習では、自分を試せる機会も多く、周囲のことも観察しながら行動すると「全体の流れもよくなる」など、やりがいがありました。
これから3年間、病院で栄養士として働き、いつかは管理栄養士の資格を取りたいと考えています。患者さんに適した献立,調理を作り、「こんな先輩になりたい」と後輩が思ってくれるように、指導する腕も磨いていきたいです。

■ 栄養士

富士産業株式会社 勤務/平成28年3月卒業 竹本淑乃さん

ほとんどの授業が食に関係し、とても楽しく学べました。

栄養価計算しつつ献立を立てる授業や、30分の集団栄養指導を行う授業はとてもおもしろく、ほとんどの授業が「食」に関係していたので、楽しく学ぶことができました。
女子校は初めてだったので、不安もありましたが、少人数制のなじみやすさもあり、入ってみたらとても楽しかった。
これから、学んだことをしっかり生かして、現場での経験を積みつつ、管理栄養士の資格にも挑戦したいです。喫食者の方、職場の人にも信頼していただける栄養士でありたいです。

生活文化専攻(養護教諭コース)の卒業生

■ 養護教諭

北海道教育委員会 勤務/平成28年3月卒業 石川晴菜さん

専門性を高めて、
周囲の方々から信頼される養護教諭になりたい。

これから北海道の学校で、養護教諭として実践を積むことになり、「健康な児童生徒の育成」を目標に、さらに様々なことを学び、生かしていきたいと思います。看護学や解剖学では、身体の構造や介助方法を深く知り、救急処置やAEDの使い方など、日常でも生かせる技術も多く学びました。進路の決定には、インターンシップなどの就職活動のサポートも充実していますし、「自分がどうしたいか」を一番に考えて、進路決定するのがよいと思います。先生たちとの距離もとても近いので、困ったことはいつでも相談できます。

生活文化専攻(オフィス総合コース)の卒業生

■ 総合事務

株式会社牧製作所 勤務/平成28年3月卒業 犬童愛李さん

社会人として、できぱきと積極的に取り組んでいきたいです。

日常生活では先生方との距離が近く、入学前は、全くっていうほど出来なかったパソコンが、今では上手くできるようになり、日々のパソコンを使った講義のおかげで検定などにも受かることができました。
短大生活では、就職活動に早めに取り組んで行動し始めることは、大切だと思います。
これからは、仕事を早く覚えて、てきぱきと動き、会社の利益になるようなことを、積極的にしていきたいと思います。

■ 医療事務

あつた皮ふ科クリニック 勤務/平成28年3月卒業 鈴木毬弥さん

ゆっくりとした、学校の雰囲気がすてきです。

私は以前から医療事務の仕事に就きたくて、みずほ短大を選びました。なかでも一番役立った授業は、クリニックに行かせていただいたインターンシップでした。在学中もクリニックでアルバイトとして働かせてもらっている中で、患者様と関わることが多く、安心していられるような、事務になりたいと思いました。
オフィス総合コースは、人数が多くないので、みんなが友達のように仲良く、チューターとも距離が近く、楽しかったです。この学校のゆっくりとした雰囲気がすきです。

子ども生活専攻の卒業生

■ 保育士

のぞみ保育園 勤務/平成28年3月卒業 原田あゆみさん

保育者という職業の大変さ。
けれど絶対この職業に就きたいと実感させられました。

入学後は、自分が思っていたよりも、はるかに保育士という職業は大変で難しいものだと感じさせられました。しかし、たくさんの実習を通し、子どもたちと関わる中で、自分は子どもが大好きで、絶対この職業に就きたいと実感させられました。
先生方には、進路で悩んでいる時も手厚くサポートをいただいたり、親身に相談にのっていただきました。初心者で不安だったピアノも今では、自信をもって弾けるようになりました。
子どもたちが笑顔で元気に過ごせるために、常に向上心を持って、子どもと一緒に成長していく、そんな保育者になりたいです。

愛知みずほ大学
資料請求 キャンパスライフ

学校法人瀬木学園

愛知みずほ大学短期大学部

〒467-0867
名古屋市瑞穂区
春敲町2-13
TEL (052) 882-1815 (代)
FAX (052) 882-5700
pagetop