沿革

瀬木学園70余年のあゆみ

1939~19501951~19691986~2014

本学は、昭和15年4月、次代の女性になんとしても科学的なものの見方・考え方と保健衛生的な知識を身につけさせたいという強い願いから、名古屋の文教地区として知られた瑞穂が丘の地に、開設された瑞穂高等女学校が母体です。
戦後間もなく学制の改編によって瑞穂高等女学校は瑞穂高等学校となり、短期大学制度の制定に伴い、昭和25年に瑞穂短期大学が設立しました。
学園の創始者である瀬木本雄医学博士・女医瀬木せき夫妻は、明治の終わりに名古屋で、当時としては全国的にも数少ない眼科の専門病院を設立しました。
せき先生は本雄先生の留学中に子育てしながら医師開業試験に合格され、留学中に日本の女子教育の遅れを痛感された本雄先生と共に、常々言われていた「科学的な思考のできる女性の教育」の実現にむけて、夫妻およびその長男瀬木本立医学博士を中心とした医学者一族の理想に燃えた強い意志と努力に依って始まりました。
創立者であるご両親と兄君の志を継いだ瀬木三雄医学博士は、現在の世界の癌の疫学的研究の手法を初めて考案された独創的な頭脳の持ち主で、次々と新しい企画をされ、実行に移され、学園の発展に寄与されました。また、瀬木三雄先生は母子健康手帳の考案者であり、非常に大きな功績を残されました。
昭和25年の開学以来、今日まで、建学精神『保健衛生の学びを基に科学的思考のできる女性の育成』を基本に据えた教育に努めて参りました。
昭和25年4月1日に開学し、昭和31年に栄養士養成施設として指定を受け、昭和44年には養護教諭養成施設としての認定を受け、これまで多くの栄養士や養護教諭を輩出し、社会に貢献してきています。
平成5年には学園を更に発展すべく愛知みずほ大学が開設され、これに伴い平成6年に瑞穂短期大学を愛知みずほ大学短期大学部に改称しました。平成7年には家政学科を生活学科に、家政専攻を生活文化専攻に改称しました。
平成2年から平成20年までの間、生活文化専攻を、教育目的別にコースを編成し、適宜、時代の要請に準じて、見直しをはかり、再編成を重ね、現在は養護教諭コース、オフィス総合コースと食生活コースの3コース編成になっています。
学園の原点である瑞穂の地に完成した新校舎(1号館)を中心に、平成25年4月から本格的に愛知みずほ大学と合同キャンパスで新たな生活をスタートしました。
愛知みずほ大学との単位互換協定により、より広い視点で学習の場を提供できるようになりました。
今後においても共用による利点を最大限生かし、充実した教育の場を提供していきます。また、平成26年には新たに、子ども生活専攻を新設し、保育士養成による社会貢献も目指しています。

昭和25年 瑞穂短期大学開学
昭和29年 中学校教諭二種普通免許状(家庭)授与の課程認定を受ける
昭和31年 栄養士養成施設の指定を受ける
昭和37年 中学校教諭二種普通免許状(保健)授与の課程認定を受ける
昭和44年 養護教諭二種普通免許状授与の課程認定を受ける
平成 6 年 愛知みずほ大学短期大学部に改称
平成26年 子ども生活専攻設置
平成27年 瀬木学園 体育館竣工
平成29年 秘書士N資格教育指定校となる
平成29年 現代幼児教育学科設置申請

愛知みずほ大学
資料請求 キャンパスライフ

学校法人瀬木学園

愛知みずほ大学短期大学部

〒467-0867
名古屋市瑞穂区
春敲町2-13
TEL (052) 882-1815 (代)
FAX (052) 882-5700
pagetop