学長あいさつ

愛知みずほ大学短期大学部学長 大塚知津子

社会や家庭で、輝いていける女性を育てたい。 愛知みずほ大学短期大学部学長 大塚 知津子

本学は昭和25年(1950)、日本最初の短期大学として開設された伝統ある短大です。
教育目標は、こころと身体の健康を志向する「健への教育」です。
この言葉には、医学的・科学的な視点から、食や健康について理解を深め、社会や家庭で力を発揮できる女性に成長してほしいという思いが込められています。
いま全国で活用されている「母子健康手帳」は、本学の瀬木三雄・元学長・元理事長が考案したものです。
本学には長年にわたり、女性の健康と社会進出に貢献し続けてきた誇りがあります。
また、本学の特長として同級生はもちろん、先輩、後輩、教員が身近な存在であり、授業や学内活動を通してお互いに和気あいあいと高め合う姿がよく見られます。
これこそが少人数教育ならではの魅力であると感じています。
2年間の学びで、どんな場面も乗り越えられる柔軟な「生きる力」を養ってほしいと願っています。

愛知みずほ大学
資料請求 キャンパスライフ

学校法人瀬木学園

愛知みずほ大学短期大学部

〒467-0867
名古屋市瑞穂区
春敲町2-13
TEL (052) 882-1815 (代)
FAX (052) 882-5700
pagetop