建学の精神

建学の精神

保健衛生の学びを基に科学的思考のできる女性の育成

開学以来、今日まで、建学の精神『保健衛生の学びを基に科学的思考のできる女性の育成』を基本に据え、ディプロマポリシー、カリキュラムポリシー、アドミッションポリシーをはじめ全ての営みに反映しています。
本学の母体は、昭和15年開設された瑞穂高等女学校であり、その精神は「女子教育一般の内容の充実を期し、科学方面に深く意を注ぎ、かつ「情操豊かな女子の育成」を目指すものでした。すなわち、次代の女性になんとしても科学的なものの見方・考え方と保健衛生的な知識を身につけさせたいという強い願いが原点にあります。
戦後間もなく学制改編によって、瑞穂高等女学校は瑞穂高等学校となり、短期大学制度の制定に伴い、昭和25年に瑞穂短期大学が設立しました。
日常的には建学の精神を簡潔に表現した「健への教育」をモットーとして掲げ、豊かで活力ある健康社会に貢献できる人材の養成を目指し、健への教育に努めています。

愛知みずほ大学
資料請求 キャンパスライフ

学校法人瀬木学園

愛知みずほ大学短期大学部

〒467-0867
名古屋市瑞穂区
春敲町2-13
TEL (052) 882-1815 (代)
FAX (052) 882-5700
pagetop