名古屋で栄養士、養護教諭、オフィス事務、保育士・幼稚園教諭を目指すなら AMJC Aichi Mizuho Junior College | 愛知みずほ大学短期大学部 受験生サイト

オープンキャンパスサイト 資料請求

みずほ短大の特徴 みずほ短大ってどんな大学?

POINT.1

少人数のチューター制で、
人と人との距離が近い大学

みずほ短大は、一学年が百人ほどの小人数であるため、学生どうしの距離が近いのが大きな特徴の一つとなっています。
また、専門科目の教員とは別の教員が、それぞれのコースに「チューター」として学生をサポートしています。そのため、学業面はもちろん、人間関係や就職についてもきめ細かい対応が可能で、学生と先生の距離が近い大学でもあります。

1人1人と向き合う

POINT.2

手厚い就職支援で、
学生1人1人を支える大学

就職後の自分を描きやすくするために、一年次と二年次に分けて段階的な就職支援を行っています。また、常時利用可能なキャリア(就職)指導室が、学生の進路に関するさまざまな支援を実現しています。
栄養士や保育士などの資格取得のための講座も充実しており、学生1人1人の卒業後の進路と向き合っています。

あらゆる進路を応援する

POINT.3

地域に根づき、
地域とつながる日本初の短期大学

愛知みずほ短期大学は1950年に日本初の短期大学として設立され、66年という長い歴史の中で様々な地域とのつながりを深めてきました。そのため、名古屋地区はもちろん、その他の地域ともつながりが深いため、他県から本学に通い、地元で就職をする学生も多いのがみずほの特徴です。

みずほに通い、地元で働く

POINT.4

学びにも遊びにもバイトにも、
アクセスしやすい大学

本学は名古屋の中心・栄から基幹バスを利用して約20分で通学できます。地下鉄や名鉄電車も利用できるので、通学しやすいだけでなく、遊びやバイトなどにもアクセスしやすくなっています。また、岐阜や四日市などの他県からもアクセスしやすく、充実した都市型キャンパスライフを過ごすことができます。

全てを充実させるキャンパスライフ