愛知みずほ大学

大学院の概要

概 要

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本大学院専攻教育課程に従い、所定の単位を修め、併せて学位論文(修士論文)または、その代替とする「特定研究課題についての研究報告」の審査に合格し、かつ下記のいずれかに該当し、加えて国際的視野を持ち新しい時代に柔軟に対応することのできる能力を身につけ、豊かで活力ある健康社会を構築する要となる人材に修士(人間科学)の学位を授与する。
●豊かな基本的素養や、人間の身体と心の健康等に関する深い理解と高度な専門的知識技能に加え、健康科学、保健科学、心理学等に関する諸科学を「人間科学」として総合的・学際的に研究推進する能力を身につけたもの。
●高度の職業人として児童・生徒の保健管理等を担当する養護教諭または保健・保健体育教諭として専修免許状の取得資格を充たしたもの。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本大学院は、人間科学研究科(心身健康科学専攻)を設け、既設の「愛知みずほ大学人間科学部」における教育研究を基盤とし、密接な相互関係にある人間の身体の健康と心の健康を中心に関係諸科学を「人間科学」として、総合的・学際的な教育研究を推進する。ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)により、学際的な視野を持ち、人間科学に関する豊かな知識と技術を身につけた研究者、個性ある高度の職業人を育成し、もって社会に貢献することを目的として、以下のようにカリキュラムを編成し、実施する。
●基礎科目(健康科学特論、心理行動科学特論)では、健康の歴史的発展過程を検証し、健康の維持・増進をはかるための実践的課題、問題点を医学を中心とする学際領域、関連諸分野から光を当て探究することができる技能を身につける。また、人間の心と行動に関する研究視点の歴史的変遷、及び人間の基本的行動の諸相、並びにその測定視点などについて深く理解し考察することができる能力を獲得する。
●専門科目では、基礎科目を基盤とし、病理・病態学、疫学、生活習慣病論等により構成する健康管理学を中心に、公衆衛生学、運動生理学、健康スポーツ医学、健康栄養学等を配し、健康科学として広く自然科学的・社会科学的側面からの身体の健康の維持・増進に関して多面的に且つ深く考究することができる能力を醸成する。併せて心の健康を目標に、精神保健への専門的援助の視点を重視しつつ、心理学・カウンセリング領域の専門的な知識・技能をより深く考究できる能力を獲得する。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

本学の建学の精神と基本理念である「健への探究」を理解する、下記のような人を求める。
●健康科学を中心とする人間科学分野の専門的知識と技能を更に深く研鑽する意欲と行動力を有し、もって社会に貢献することの出来る人。
●教育現場及び健康、保健、医療並びに心理分野等でのスキルアップに努め、より高度な資格取得を目指す人。

愛知みずほ大学大学院人間科学研究科(修士課程)・入学定員

研究科 専 攻 募集定員 収容定員
一般選抜 社会人特別選抜
人間科学研究科 心身健康科学専攻 5人 10人 30人

受験者数・合格者数

●平成30年度 入試

受験者数(人) 合格者数(人) 入学者数(人)
心身健康科学専攻 11 11 11
11 11 11

●平成30年度 大学院入学者数

大学院入学者数
一般選抜 0 0 0
社会人特別選抜 3 8 11
合計 3 8 11

留学生数…0名
海外派遣学生数…0名

●平成30年度 大学院在学者数  平成30年5月1日現在

大学院学生数 1年次 2年次
心身健康科学専攻 3 8 7 7 10 15
合計 11 14 25

社会人学生数…25名

●入学者推移  平成26年~平成30年  平成30年5月1日現在

平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
人間科学研究科 2 3 1 8 4 8 6 5 3 8
5 9 12 11 11

大学院修了後の状況

●平成30年5月1日現在

専攻名 人間科学専攻
状況別修了者数 大学院研究科 0
就職者 正規の職員・従業員
自営業主等
3 7 10
正規の職員等でない者 0
専修学校・外国の学校等入学者 0
一時的な仕事に就いた者 0
左記以外の者 0
不詳・死亡の者 0
3 7 10
入学年度別修了者数 平成28年度入学 3 6 9
平成27年度入学 0 1 1
3 7 10

学位記授与数…63名(~平成28年度)

修了後の進路

主に中・高校教員など現職者のリカレント学習で入学してきたものは現職に戻り、 家庭の主婦や定年を迎えた方々の生涯学習で入学してきたものは地域に貢献する等で活躍、 その他、病院、学校、一般企業などに就職しています。

就職先実績

医療機関 等
■和田内科病院 ■特別養護老人ホーム ■児童養護施設、東光学園 ■福祉施設 光の家

一般企業
■井原ホンダ販売株式会社 ■ECCジュニア校 

学校
■愛知みずほ大学瑞穂高等学校 ■愛知みずほ短期大学 ■名古屋文理短期大学 ■名古屋文理大学 ■大垣女子短期大学 ■愛知きわみ看護短期大学 ■愛知県立養護学校 ■豊田市立井郷中学校 ■岐阜医療科学大学 ■愛知文教女子短期大学 ■東京都公立中学校 ■名古屋市医師会看護専門学校 ■名古屋市文理栄養士専門学校

標準修業年限等

標準修業年限は2年です。(「長期履修学生」として、3年間又は4年間による修学計画を立てることができます。)

研究分野

専攻 主要研究分野
心身健康科学専攻 健康科学特論、心理行動科学特論、健康管理学特論Ⅰ(病理・病態学)、健康管理学特論Ⅱ(疫学)、健康管理学特論Ⅲ(自己管理・統制論)、公衆衛生学特論、運動生理学特論、臨床薬理学、臨床生化学、健康栄養学特論、生活習慣病論特論、健康スポーツ医学特論、養護実践学演習、臨床心理学特論、臨床心理学実験演習、カウンセリング演習、発達心理学特論、発達臨床心理学特論、認知心理学特論、比較心理学特論、精神保健特論、学校臨床心理学、心理行動研究法特論、臨床心理査定演習

(注)一研究科・一専攻の教育研究組織により、学際的・総合的な選択履修が可能になっています。

修士課程修了の要件

本大学院の修士課程の修了には、大学院に2年以上在学し、所定の授業科目について30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格しなければなりません。

成績評価および単位の授与

1.成績評価

(1)成績の評価は、担当教員が院生の試験の結果および受講状況その他の学修状態を審査して行います。 (2)成績評価は、100点法により採点し、次の段階区分による評語をもって表し、秀・優・良および可を合格とし、不可を不合格とします。

評 語 不可
得 点 100点〜90点以上 89点〜80点以上 79点〜70点以上 69点〜60点以上 60点未満

2.単位の授与

一つの授業科目を履修し、試験等により合格した者には、その授業科目について所定の単位を与えます。

学位論文審査

1.学位論文審査

(1)論文の審査は、主査1名と副査1名の2名で担当し、日本語を用いた口述審査を行います。被審査者1名の持ち時間は30分程度(発表および質疑応答を含む)とします。 (2)口述審査の期日は、1月の第4土曜日とします。 (3)公開審査としますが、公開の対象は当面学内に限るものとします。

2.再提出

再審査に係る論文の再提出日は、2月中旬とします。
再審査については、別途定めるところによるものとします。

学位(修士)論文審査基準

論文内容は、高度の専門的業務に耐え得る能力と広汎な学識のあることを示していることを条件とする。 なお、本学の課程修了後、他の大学院博士課程に進学しようとするものにあっては、 論文内容が、将来とも自立して研究を遂行できる能力と広汎な学識のあることを示していることを条件とする。

取得可能な学位について

研究科 専 攻 取得可能な学位名
人間科学研究科 心身健康科学専攻 修士(人間科学)

院生の支援

●指導体制

(1)研究科長の下に、院生の研究テーマに応じた履修指導、研究指導の連絡調整を担当する「コーディネーター」を置きます。 (2)院生の研究分野に応じた指導を充実するために、第1年次から指導教員を置きます。 (3)指導教員は、院生の専門分野、研究テーマ、関連する科目の履修等についても指導にあたります。 (4)授業時間外の時間帯にオフィスアワーの時間帯を設け、あらかじめ担当教員を指定して、教育研究上の問題点について教員と院生が相互に意見交換ができるようにします。
オフィスアワー一覧
(5)非常勤講師の先生方に質問がある場合はこちらをご覧ください。

●心身の健康相談等及び進路選択

(1)本学では、学業に関することだけでなく、心身の健康や学生生活を送る上でのさまざまな悩み(学業のこと、詐欺や悪徳商法に関すること、ストーカー問題など)に関して、メールで相談に応じています。面談を希望する院生もメールで予約を受付けていますのでご利用ください。また、指導教員も相談に応じていますので、1人で思い悩まず、まずは気楽にご相談ください。さらに、手紙での相談も受付けています。いずれも相談内容については秘密を厳守しますので安心してご利用ください。
アドレス:nandemo-soudan@mizuho-c.ac.jp
(2)進路指導に関しては、専任教員及びキャリアセンターとの連携により、支援体制を確立しています。

愛知みずほ大学

学校法人瀬木学園

愛知みずほ大学大学院

〒467-0867
名古屋市瑞穂区春敲町2-13
TEL (052)881-3837
FAX (052)881-3847
pagetop