社会人特別選抜

1 募集人員

研究科 専攻 募集人員
人間科学研究科 心身健康科学専攻 10人

(注) 1. 本大学院は、昼・夜間開講制です。 2. 標準修業年限は、2年間ですが、学生は、その希望により3年間又は4年間による修学計画を立てることができます。

2 出願資格

社会人特別選抜は、大学院における社会人の再教育に対する社会的要請に応えることを目的とするもので、出願資格は次のとおりです。ただし、平成31年3月までに企業・官公庁・教育関係機関等において社会経験(家業従事者や家庭の主婦等も含みます。)を1年以上有する者又は有する見込みの者で、次のいずれかに該当するものです。

(1) 大学を卒業した者 (2) 学校教育法第104条第4項の規定により、学士の学位を授与された者 (3) 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者 (4) 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者 (5) 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者 (6) 専修学校の専門課程(就業年限が4年以上であることその他文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者 (7) 文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号参照)(注1) (8) 学校教育法第102条第2項の規定により大学院に入学した者であって、当該者をその後に入学させる本大学院において、大学院における教育を受けるにふさわしい学力があると認めたもの (9) 本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達したもの(注2)

(注) 1. 出願資格(7)には、小・中・高校、幼稚園の教諭及び養護教諭の一種免許状の所有者が含まれます。 2. 出願資格(9)による個別の入学資格審査の対象となる者は、「短期大学、高等専門学校、専修学校の卒業者や教員の二種免許状所有者などで大学卒業資格を有しない者」また「学校制度が旧制度から新制度に移行する際に、法令上明確にすることが事実上困難であった旧制度の学校における学習歴を有している者j です。
出願にあたり、「別記」により出願資格に係る「個別の入学資格審査」を出願の事前に受けてください。

3 出願期間

募集区分 出願期間 摘要
第 I 期 平成30年7月2日(月)~ 平成30年7月19日(木) 最終日消印有効
第 II 期 平成31年1月15日(火)~ 平成31年1月31日(木)

※第Ⅱ期入学試験日以降に応募を希望される場合は、追加入試を行うことがあります。
 詳細については大学院入試係にお問い合わせください。

4 出願書類

(1) 出願書類

出願書類 用 紙 摘 要
入学願書 要項に添付の本大学院所定の用紙 “「入学願書」記入上の注意”に留意して記入してください。
受験票(「振込金受取書」貼付用紙を含む。) 要項に添付の本大学院所定の用紙 (1) 所定の事項を記入し、写真貼付欄に、裏面に氏名を書いた写真(無帽上半身、正面向きで、出願前3ヶ月以内に撮影した縦4cm×横3cmのもの。)を貼り付けてください。 (2) 「入学検定料銀行振込金受取書」貼付用紙を切り離さないでください。
卒業(見込み)証明書 出身大学等所定の用紙 (1) 大学を卒業した者又は卒業見込みの者は、その出身大学の学長又は学部長が作成した「卒業(見込み)証明書」を提出してください。 (2) 大学を卒業した者(卒業見込みの者)以外は、最終学校の卒業証明書を提出してください。
成績・単位修得(見込み)証明書 出身大学等所定の用紙 (1) 出身大学の学長又は学部長が作成し、厳封したものを提出してください。 (2) 編入学により入学し、大学を卒業した者(卒業見込みの者)の場合は、編入学前の大学等の成績証明書も併せて提出してください。 (3) 大学を卒業した者(卒業見込みの者)以外は、最終学校の成績証明書を提出してください。
研究希望等調書 要項に添付の本大学院所定の用紙 用紙の末尾に掲げてある「記入上の注意」に留意して、記入してください。
・ 連絡受信先シール ・ 出願用封筒 要項に添付の本大学院所定の用紙及び封筒 (1) 郵便番号、住所、氏名を明記してください。 (2) 添付の封筒を使用して、「簡易書留速達」により郵送してください。

(注) 1. 上記3・4の証明書について、本学の学部卒業者及び在学者の場合は、提出の必要がありません。 2. 上記5の調書について、「研究活動・研究発表の状況」の詳細について別様(任意)に記載して提出してください。

(2) 「現に学校、官公庁又は会社等に在職」している場合に追加して提出する書類

出願書類 用 紙 摘 要
所属長の同意書 任意の書式による用紙 現に学校、官公庁又は会社等に在職している者で、現職のまま本学大学院に入学しようとするものの場合は、本学大学院への入学に関する「所属長の同意書」を提出してください。

(3) 「学校教育法第104条第4 項の規定により、大学評価・学位授与機構から学位を授与された者(見込み者)」 の場合に追加して提出する書類

出願書類 用 紙 摘 要
学士の学位授与(申請予定・申請受理)証明書 当該機関所定の用紙 大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者又は当該授与の申請予定若しくは申請を受理された者は、当該機構、当該短期大学長又は高等専門学校長が証明した「証明書」を提出してください。

(4) その他

1. 日本に在住する外国人の場合には、外国人登録済証明書(在留資格・在留期間を明記し、市区町村長が発行したもの。)又は「入国査証」の写し(記載事項のあるすべてのページの写し。)を提出してください。 2. 出願書類のうち、日本語以外で記載した証明書等には、日本語訳を添付してください。

5 出願手続・入学検定料

(1) 出願手続

志願者は、「入学検定料」を所定の振込用紙により銀行振込して納付のうえ、次の出願期間内に所定の「出願書類」を取り揃えて、添付の封筒を使用して、「愛知みずほ大学大学院入試係」に郵送(書留速達)又は、持参してください。

・ 出願期間
第 I 期 : 平成30年7月2日(月)~ 平成30年7月19日(木)
第 II 期 : 平成31年1月5日(木)~ 平成31年1月31日(木)
(注) 締切当日の消印のある郵便物及び出願期間内に持参されたものまで受理します。

・ 出願書類等の提出先
〒467-0867
名古屋市瑞穂区春敲町2-13 愛知みずほ大学大学院入試係

(2) 入学検定料

1. 入学検定料の額は、35,500円です。 2. 入学検定料は、要項に添付の銀行振込用紙により銀行振込みを行ったうえ、「振込金受取書」を受験票に添付の「入学検定料銀行振込金受取書貼付用紙」の所定欄に貼付して、提出してください。「振込金受取書」が貼付されてない場合は、3の場合を除き、願書の受付はしません。 3. 出願は、「普通郵便為替」による入学検定料を出願書類と同封で郵送された場合も、受け付けます。 4. 入学検定料を「普通郵便為替」により郵送する場合も、「入学検定料銀行振込金受取書貼付用紙」は受験票と切り離さないで、そのまま提出してください。「普通郵便為替」の場合は、受取人欄は記入しないでください。 5. 上記の2・3のいずれの場合も、納入された入学検定料は返還しません。

6 入学者選抜方法

入学者の選抜は、1.卒業(見込み)大学等の成績証明書、研究希望等調書等提出書類に係る書面審査及び2.口述試験(面接)の結果により、基礎学力及び研究に関する意欲等についての総合判定によって行います。

(1) 口述試験(面接)の日時・場所

募集区分 試験日 試験会場
第 I 期 平成30年7月28日(土) 愛知みずほ大学大学院(名古屋市)
第 II 期 平成31年2月9日(土)

(2) 口述試験(面接)の試験時間等の例

集合時刻 試験実施時間 試験科目
9:50 10:00~ 口述試験(面接)

(3) 試験実施方法(第 I 期、II 期)

1. 口述試験(面接)においては、提出された研究希望等調書の記載事項に基づく質問及び出身大学等における専攻分野を考慮した人間科学関連(健康科学、心理学など)の質問を1人30分から1時間程度行います。 2. 現職あるいはそれまでの仕事と本大学院において取り組みたい課題及び研究内容 との関連性について質問することとします。

7 入学者合格発表

合格発表日 第 I 期 平成30年7月31日(火)
第 II 期 平成31年2月13日(水)

(1) 合否は、合格発表日以降に直接本人に郵便で通知します。本学において掲示による発表はしません。 (2) 合格者には、合格通知書とともに、入学手続きに必要な書類、書類提出期日、その他入学手続きに必要な事項を通知します。 (注) 合否については、電話による問い合せには応じられませんので、ご承知ください。

8 入学手続

合格通知書に同封の「入学手続き」により、次の期日(必着)までに、入学金等を納入してください。

入学手続期限 第 I 期 平成30年8月24日(金)
第 II 期 平成31年3月1日(金)
入学手続きの際の納付額
入学金 教育充実費
200,000円 150,000円 350,000円

(注) 1. 所定の期限内に、入学金等の納付及び書類の提出を完了しない場合には、入学は許可されません。 2. 納付した入学金は、入学を辞退した場合であっても返還しません。 3. 教育充実費は、平成31年3月29日(金)17時までに本学所定の入学辞退届を提出した場合に限り、返還します。

9 入学後の学費

本大学院の授業料は、入学後に経済的負担にならないよう、愛知県内の他大学大学院の授業より相当廉価にしています。
入学後の授業料等の学生納付金及びその納付期間は、次のとおりです。

区分 初年次 第2年次
前期 後期 計(年額) 前期 後期 計(年額)
学生納付金 授業料 205,000円 205,000円 410,000円 205,000円 205,000円 410,000円
教育充実費 (入学手続時に納付) 75,000円 75,000円 150,000円
205,000円 205,000円 410,000円 280,000円 280,000円 560,000円
納付期間 前期 : 各年4月1日から4月30日まで
後期 : 各年9月16日から10月15日まで

(注) ・長期履修学生の場合は、別に定める納付方法によります。 ・本学では、教育研究中の不慮の災害事故補償のために、学生には公益財団法人日本国際教育支援協会が行う「学生教育研究災害傷害保険」「学研災付帯賠償責任保険」に全員加入することになっています。
2年間の在学期間についての保険料の額は、「2,080円」です。

10 その他の留意事項

(1) 出願書類提出後における記載事項の変更は一切認めません。 (2) 出願書類等に不備があるときは、受理しないことがあります。 (3) 出願書類に虚偽の記載があった場合は、入学許可を取り消すことがあります。 (4) 出願書類及び入学検定料は返還しません。 (5) 受験のための宿泊施設のあっせんは行っていません。 (6) この募集要項に記載されていることについて一部変更が生じたときは、必要に応じて連絡することがありますので留意してください。

11 出願資格に係る「個別の入学資格審査」手続き等について

本大学院の「出願資格(9)本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認める」場合の「個別の入学資格審査」に係る手続きについては、次によるものとします。
また、「出願資格(8)」による場合も、これに準じて取り扱います。 なお、下記の申請書類の他に、必要に応じて証明書等の提出を求める場合があります。

(1) 申請書類

次に揚げる①及び②の書類並びに③・④・⑤の書類のうち該当する事項に係る書類を提出して下さい。

① 出願資格審査申請書(本学所定の用紙)

② 最終卒業(修了)学校の卒業(修了)証明書及び成績証明書(卒業又は修了した短期大学、高等専門学校、専修学校、各種学校等のうち、上位の資格に係る学校の卒業(修了)証明書)

③ 在職証明書(各種の教育関係・研究機関・企業等に在職する者にあっては、その在職証明書)

④ 教育職員免許状授与証明書等の写し(教育職員免許法による小学校、中学校、高等学校、幼稚園の教論又は養護教論の二種免許状等を所有する者にあっては、その授与証明書等)

⑤ その他各種免許書など参考になると思われる書類の写し(各種資格証明書、技能検定認定証明書、英語検定認定証明書、取得特許・ソフトウェア開発説明書、研究歴の証明書などの写し)

(2) 申請方法

志願者は、申請書類を下記申請期間中に、必ず「修士課程出願資格審査申請書類在中」と朱書し、「簡易書留速達」により郵送してください。

① 申請期間
第 I 期 : 平成30年6月18日(月)~ 平成30年7月13日(金)(消印有効)
第 II 期 : 平成30年12月17日(月)~ 平成31年1月25日(金)(消印有効)

② 申請先
〒467-0867
名古屋市瑞穂区春敲町2-13 愛知みずほ大学大学院入試係

(3) 審査方法

出願資格審査は、申請書類の書類審査により行い、更に必要がある場合は、口頭試験による審査を行います。

(4) 申請結果の通知

審査の結果は、出願期間までに本人へ通知します。

愛知みずほ大学

学校法人瀬木学園

愛知みずほ大学大学院

〒467-0867
名古屋市瑞穂区春敲町2-13
TEL (052)881-3837
FAX (052)881-3847
pagetop