保健体育コース

体育・スポーツの指導者をめざして、仲間と共に学ぶ。
すべての学びは意欲から。結果を生み出す「自主性」も養う。

「学ぶ意欲をひきだす」ことを大切にしています。健康づくりや身体のメカニズムに関する科学と共に、体育・スポーツの技能や指導法、チームワーク形成を学ぶカリキュラムです。

4年間の学びのステップ

■1年次
スポーツ・健康と心身に関する基礎を身につける
スポーツやレクリエーションを通じ、仲間との交流を深めます。また、頭と身体を使った、豊かな自己表現力も養います。
■2年次
専門知識を多角的に身につける
探求心と問題意識を常に持ちながら、仲間と共同で実践力を育成。同時に、プレイを通じた達成感なども多く体感します。
■3年次
充実した実技、実習、演習で専門科目を深める
保健体育とは?を具体的に学びながら、目指す教員像をイメージ。次年度に向け、高い専門知識や技術も身につけます。
■4年次
教育実習・インターンシップなどで実践力を磨く
多方向からのフォロー体制のもと、教員採用試験に向けた最終準備を進行。教育実習では子どもたちの豊かな表情に触れることができます。

取得できる資格

中学校教諭一種免許状(保健体育)
高等学校教諭一種免許状(保健体育)
小学校教諭一種免許状※但し「保健体育」免許状取得予定者に限る
健康運動指導士[認定養成校]
健康運動実践指導者[受験資格]
日本体育協会公認スポーツ指導者
[受験時科目一部免除]など

主な就職先・進路

中学校・高校の保健体育教諭
教育・福祉・医療施設
スポーツ関連企業
スポーツインストラクター
消防士
警察官
小学校教諭
公務員
一般企業

PICK UP授業

野外活動・レクリエーション実践及び体育実技
実践を通して、「子どもの目線」でそのプロセスを体感します。チームごとに「どんな力が足りないのか」「どんなプレイを目指したいか」を話し合い、練習方法や戦略を考え、スキルを磨いていきます。期の終わりには、記録会、発表会、リーグ戦などで、その成果を検証。将来の体育指導に役立つ実践的な内容です。
運動生理学
運動指導者にとって身体のメカニズムを理解しておくことはとても重要。この授業では酸素摂取量、エネルギー消費量、心拍数、体温変動や発汗などテーマに沿って、運動時の身体変化について実験。データ処理、結果分析の手法も学び、科学的・客観的に身体機能について学びます。
スポーツ心理学
スポーツ活動では自信や不安などといった人間の心理が運動パフォーマンスに影響を及ぼすことが知られています。指導者として、スポーツの現場で正しい方法とやる気を引きだす指導ができるように学修します。

カリキュラム

カリキュラム
愛知みずほ大学
資料請求

学校法人瀬木学園

愛知みずほ大学

〒467-0867
名古屋市瑞穂区春敲町2-13
TEL (052)882-1123
FAX (052)882-1124
pagetop