養護・保健コース

救急処置やカウンセリングなど保健室で必要な技術と、
教育者として子どもを支える「養護教諭の視点」を育む。

学校救急処置、子どもが抱える心の問題への対応などを、学校生活や保健室で直面する場面を想定した演習・実習で学びます。 一方で、「養護教諭としての心構え」も養っていきます。課外授業の開講や外部研修への参加など、少人数制ならではの強みを活かした活動も。

4年間の学びのステップ

■1年次
健康と心身に関する基礎を身につける
基礎知識を身につけながら「学校保健」に対する関心も高め、養護教諭としてのアイデンティティーを芽生えさせます。
■2年次
専門知識を多角的に身につける
養護概説や基礎看護学など、養護教諭に必要な専門知識を多角的に体得。生活習慣病論、運動生理学や食と健康など、現場で活きる知識も習得します。
■3年次
充実した実習、演習で専門科目を深める
実習や演習の授業が増加。現場での救急処置スキルやカウンセリングマインドを体験しながら、養護活動の具体的なイメージをつかみます。
■4年次
養護実習・教育実習などで実践力を磨く
学校での養護実習・教育実習や、医療・福祉施設での現場実習を経験。教員採用試験対策講座なども充実しています。

取得できる資格

養護教諭一種免許状
高等学校教諭一種免許状(保健)
中学校教諭一種免許状(保健)
小学校教諭一種免許状※但し「保健」免許状取得予定者に限る
その他、希望に応じて医療事務の資格等も取得できます。

主な就職先・進路

養護教諭
教育・福祉・医療施設
小学校教諭
公務員
一般企業

PICK UP授業

ヘルスアセスメント
養護教諭は学校での救急現場で根拠を持って重症度・緊急度を判断することが求められています。この授業では「熱っぽい」「頭を打った」などの場合別に、適確に観察し分析できるようになるための演習を行います。
健康相談・健康相談活動
子どもの心身の健康問題が複雑化、個別化、多様化する中、養護教諭ならではの健康相談がますます重要視されています。この授業では健康相談に必要な知識の習得、保健室でのヘルスアセスメントやカウンセリングマインドを活かした対応の練習を行います。
保健科教育法
養護教諭の役割の一つに保健教育があり、その中でも保健の授業(学習)が学校現場で必要とされます。この科目では、実際に授業をするにあたって学習目標の明確化・発問の工夫・教材の工夫・板書計画等を学び、それらを活かし学習指導案を作成し模擬授業を行います。

カリキュラム

カリキュラム
愛知みずほ大学
資料請求

学校法人瀬木学園

愛知みずほ大学

〒467-0867
名古屋市瑞穂区春敲町2-13
TEL (052)882-1123
FAX (052)882-1124
pagetop