卒業生からのメッセージ 公務員として活躍する卒業生

堀井 昭宏さんひとりの人間として、魅力的であること。
それが、いい警察官の条件だと思う。

堀井 昭宏さん / 警察勤務

人とどう向きあっていくか。ぞれが大切。

おばあちゃんと縁側でお茶を飲むのも、仕事。パトロール中、地域の人々と話をして、情報を得ることも大切ですから。高齢者のひとり暮らしも多い地区なので、一軒一軒「お変わりないですか」と声をかけています。最近うれしかったのは、万引きの常習犯だった中学生が更生してくれたこと。何度も補導されてくる彼に、「こんなことしてちゃダメだよ」と説得を続けていました。「きっとわかってくれるはず」。子どもではなく、ひとりの人間として信じることができたのは、大学で学んだ心理学などが役立っているかもしれません。警察官は、人聞くさい仕事です。さまざまな年代、立場の人に、どう向きあっていくか。人生経験が、そのまま自分の力となり、それを活かしていける。そこが、好きなところでもあります。

先生や仲間から学んだ、警察官としての姿。

大学の先生は、「先生」というより、父や母、兄や姉という感じ。体育教諭から警察官に進路を変えたときも、なにも聞かずに応援してくれた。なにかと手を差しのべてくれました。学生も人数が少ないので、同期はみんな顔なじみ。日頃はバカを言いあいながらも、いざというときはなんでも相談できる。僕は、偉そうな警察官だけにはなりたくないんです。どんな相手でも、人間と人間。誠意をもって接することが大切。それは、大学の先生や仲間から学んだことですね。今後は、後輩たちの見本になれるような魅力的な人間に成長していきたい。それが、いい警察官の条件だと思うから。ドラマのような派手な活躍はないけれど、この町になくてはならない存在をめざそう。そう思いながら、今日も縁側でお茶をすすっています。

profile

堀井 昭宏さん / Horii Akihiro人間科学部保健体育コース 2009年3月卒業
愛知みずほ大学瑞穂高等学校(愛知県)出身

柔道、ラグビーなど、幼い頃から運動が得意。保健体育教諭をめざして、愛知みずほ大学に入学したが、進路を変更して警察官に。「警察学校の訓練は15kgも痩せるほどハード。百回ぐらい辞めようと考えた。でも、いま町の人々から『ありがとう』って言われると、あのとき辞めなくてよかったと恩うんです」と笑う。

愛知みずほ大学
資料請求

学校法人瀬木学園

愛知みずほ大学

〒467-0867
名古屋市瑞穂区春敲町2-13
TEL (052)882-1123
FAX (052)882-1124
pagetop