臨時休講の取り扱い Emergency

臨時休講

暴風警報が発令された場合

名古屋市に暴風警報が発令された場合に限り、授業・定期試験等を休講とします。
なお、名古屋市以外から通学している学生は、居住地域ならびに通学途上の地域に、上記の警報が発令されている場合は、警報が解除されるまで登校しないでください。これにより、登校ができなかった学生は、後日教務・学生室へ申し出てください。

東海地震注意情報または警戒宣言の発令(東海地震判定会議の招集を含む。)

登校しないでください。

名鉄のストライキによる運休

名鉄がストライキをおこなった場合、授業は行いません。
名鉄以外の交通機関のストライキの場合は、当日の授業を行いますので、関係地域に居住する等により登校ができなかった学生は、後日、教務・学生室へ申し出てください。

上記いずれかにおいて、関係警報等が解除または中止された場合の授業の取扱いは、次のとおりとします。

当日の午前7時までに警報等が解除または中止された場合 当日の授業(試験)を行う
当日の午前10時までに警報等が解除または中止された場合 午後の授業(試験)を行う
当日の午前10時までに警報等が解除または中止されない場合 当日は臨時休講とする

安否確認システム

愛知みずほ大学では、東海地震のような大規模災害発生の際に、全学生、教職員、保護者の三者間で相互に安否確認が可能となる「安否確認システム」の運用を行っています。

この安否確認システムでは、全学生、教職員、保護者の三者間で相互に安否確認を行います。愛知県をはじめ、事前に登録した都道府県で震度5以上の地震が発生した際に自動的に安否を問い合わせるメールを配信し、そのメールに返答すると学校および、ご家族やご親戚、ご友人へ安否を通知するシステムです。

大規模震災時の安否確認システム

To top
  • 瀬木学園
  • 愛知みずほ大学大学院
  • 愛知みずほ短期大学
  • 瑞穂高等学校
  • 瀬木学園図書館