公認心理師 Psychologist

公認心理師カリキュラムが始まりました

CURRICULUM

CURRICULUM

本学では、2017年9月に施行された「公認心理師法」に基づき、公認心理師の養成を目的としたカリキュラムを導入し、2018年度入学者より、公認心理師の国家資格の取得に向けたサポート体制を整えています。

公認心理師について

公認心理師とは

公認心理師とは、文部科学省・厚生労働省共管の公認心理師法に基づく国家資格であり、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療や福祉、教育などの分野において、心理学の専門的知識及び技術をもって次に掲げる行為を行うことを業とする者のことをいいます。

  • 心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
  • 心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
  • 心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
  • 心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

(厚生労働省HPより引用)

公認心理師とは

近年では、人々が抱える心の問題が多様化し、いじめや人間関係のトラブルによる精神疾患の発症や自殺の件数が一定数報告されています。
こうした人間の心の問題と向き合うために、保健センターや保健所、病院、福祉施設、学校等の教育機関、企業等の場所で、他の専門家と協力しながら、心理学に基づく専門知識や技術を用いてアプローチすることが、公認心理師の仕事です。
悩みや問題の原因を探るためにカウンセリング・心理的アセスメントを行うだけではなく、地域の人々が心の健康について学ぶ機会を提供する役割も担っており、今後、需要が高まり続けていくと予想されている国家資格です。

資格取得の流れ

資格取得の流れ

公認心理師の資格を取得するためには、大学で心理学を修了し、卒業後に指定大学院への進学または文部科学省令・厚生労働省令で定める施設において、2〜3年の実務経験を積む必要があります。
その後、国家試験の受験、公認心理師登録簿への登録を行い、晴れて「公認心理師」として社会で働くことができるようになります。

公認心理師試験の受験資格は、
以下の者に付与されると規定されています。

  • 大学において主務大臣指定の心理学等に関する科目を修め、かつ、大学院において主務大臣指定の心理学等の科目を修めてその課程を修了した者等
  • 大学で主務大臣指定の心理学等に関する科目を修め、
    卒業後一定期間の実務経験を積んだ者等
  • 主務大臣が1及び2に掲げる者と同等以上の知識及び
    技能を有すると認めた者

(公認心理師法概要より引用)

なお、「公認心理師法」に関する情報は、厚生労働省のウェブサイトにおいて掲載されています。

厚生労働省 外部サイトが開きます

愛知みずほ大学では公認心理師になるためのカリキュラムに対応しています

愛知みずほ大学では公認心理師になるためのカリキュラムに対応しています

公認心理師の資格取得には、「大学における公認心理師となるため必要な科目」(公認心理師法施行規則第一条)を在学中にすべて修得する必要があり、卒業後、科目等履修生等で「大学における公認心理師となるため必要な科目」を修得しても受験資格は付与されません。
本学では、資格取得を希望する学生に対して、公認心理師法施行規において必要と定められた科目を開講し、その後の指定大学院への進学や指定施設への就職をサポートしています。
また、卒業後も希望者に対して国家資格取得講座を開催し、公認心理師資格の取得に向けた万全のサポート体制を整えていきます。

To top
  • 瀬木学園
  • 愛知みずほ大学大学院
  • 愛知みずほ短期大学
  • 瑞穂高等学校
  • 瀬木学園図書館