大学院概要 Overview

概要(愛知みずほ大学大学院3つのポリシー)

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本大学院専攻教育課程に従い、所定の単位を修め、併せて学位論文(修士論文)または、その代替とする「特定研究課題についての研究報告」の審査に合格し、かつ下記のいずれかに該当し、加えて国際的視野を持ち新しい時代に柔軟に対応することのできる能力を身につけ、豊かで活力ある健康社会を構築する要となる人材に修士(人間科学)の学位を授与する。

豊かな基本的素養や、人間の身体と心の健康等に関する深い理解と高度な専門的知識技能に加え、健康科学、保健科学、心理学等に関する諸科学を「人間科学」として総合的・学際的に研究推進する能力を身につけたもの。

高度の職業人として児童・生徒の保健管理等を担当する養護教諭または保健・保健体育教諭として専修免許状の取得資格を充たしたもの。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本大学院は、人間科学研究科(心身健康科学専攻)を設け、既設の「愛知みずほ大学人間科学部」における教育研究を基盤とし、密接な相互関係にある人間の身体の健康と心の健康を中心に関係諸科学を「人間科学」として、総合的・学際的な教育研究を推進する。ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)により、学際的な視野を持ち、人間科学に関する豊かな知識と技術を身につけた研究者、個性ある高度の職業人を育成し、もって社会に貢献することを目的として、以下のようにカリキュラムを編成し、実施する。

基礎科目(健康科学特論、心理行動科学特論)では、健康の歴史的発展過程を検証し、健康の維持・増進をはかるための実践的課題、問題点を医学を中心とする学際領域、関連諸分野から光を当て探究することができる技能を身につける。また、人間の心と行動に関する研究視点の歴史的変遷、及び人間の基本的行動の諸相、並びにその測定視点などについて深く理解し考察することができる能力を獲得する。

専門科目では、基礎科目を基盤とし、病理・病態学、疫学、生活習慣病論等により構成する健康管理学を中心に、公衆衛生学、運動生理学、健康スポーツ医学、健康栄養学等を配し、健康科学として広く自然科学的・社会科学的側面からの身体の健康の維持・増進に関して多面的に且つ深く考究することができる能力を醸成する。併せて心の健康を目標に、精神保健への専門的援助の視点を重視しつつ、心理学・カウンセリング領域の専門的な知識・技能をより深く考究できる能力を獲得する。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

本学の建学の精神と基本理念である「健への探究」を理解する、下記のような人を求める。

健康科学を中心とする人間科学分野の専門的知識と技能を更に深く研鑽する意欲と行動力を有し、もって社会に貢献することの出来る人。

教育現場及び健康、保健、医療並びに心理分野等でのスキルアップに努め、より高度な資格取得を目指す人。

愛知みずほ大学大学院人間科学研究科(修士課程)入学定員

(単位:名)

入学定員 収容定員
心身健康科学専攻 一般選抜 5 30
社会人特別選抜 10

研究分野

一研究科・一専攻の教育研究組織により、学際的・総合的な選択履修が可能になっています。

心身健康科学専攻

  • 健康科学特論
    心理行動科学特論
    健康管理学特論Ⅰ(病理・病態学)
    健康管理学特論Ⅱ(疫学)
    健康管理学特論Ⅲ(自己管理・統制論)
    公衆衛生学特論
    運動生理学特論
    臨床薬理学
  • 臨床生化学
    健康栄養学特論
    生活習慣病論特論
    健康スポーツ医学特論
    養護実践学演習
    臨床心理学特論
    臨床心理学実験演習
    カウンセリング演習
  • 発達心理学特論
    発達臨床心理学特論
    認知心理学特論
    比較心理学特論
    精神保健特論
    学校臨床心理学
    心理行動研究法特論
    臨床心理査定演習

標準修業年限等

標準修業年限は2年です。
ただし、「長期履修学生」として、3年間又は4年間による修学計画を立てることができます。

修士課程修了の要件

本大学院の修士課程の修了には、大学院に2年以上在学し、所定の授業科目について30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格する必要があります。修了要件の詳細に関しては、こちらからご覧いただけます。

修士課程修了要件 PDFデータが開きます

取得できる学位・資格

修士(人間科学)

  • logo1
  • logo2
  • logo3
  • logo4
  • logo5